団員の皆様へ


このページは調布市民合唱団の団員専用のページです。
団員の皆様への連絡事項を随時掲載します。
ホームページについてのご連絡(ご提案、修正指示など)はこちらから。

合唱団便り   委員会便り

名刺名刺作成のお申込みはこちらから
対外利用や団のPRなどにご活用下さい
無料です
チラシのテーブル 【練習時にテーブルに置かれたチラシです】
         (全部ではないかも知れません)
掲示板 (パスワードが必要です)


生田団長からのメッセージです。[9月17日]
「20日はむらさきホールです。6つの子守歌を持ってきてください」
 
 13日は大勢の方にご参加いただき、また久しぶりに声出しをして、歌は楽しいというのを改めて実感しました。会場が総合福祉センターの2階の会議室をぶち抜きで使わせていただけたので、横長の感覚で前が詰まっていなかったのでよけい空間があいていたように思えたのではないでしょうか。前半はコロナ禍における合唱団の活動方針について確認していただく話をいたしました。後半は清水先生のご指導で、マスク(あるいはフェイスシールド)をつけてのハミングの発声、「どんな時でも」の音取り、合唱バージョンの練習で最後は言葉を付けて歌いました。
 次回20日はたづくりのむらさきホールで佐藤先生のご指導になります。今度は舞台の上がピアノと指導者になりますので、椅子の配列など少し考える必要があるかもしれません。佐藤先生からは6つの子守歌の曲を音楽祭に入れたいというお考えですので、6つの子守歌の楽譜をお持ちください。
 週末から秋らしくなるようですが、体を冷やして体調を崩さないように気を付けて20日の日にまたお会いいたしましょう。
              調布市民合唱団団長 生田周治
   
調布市民合唱団の活動再開に当たって、生田団長からのメッセージです。[9月 8日、9日、12日]
              調布市民合唱団の皆様
第1便 活動再開に当たって(9月8日)
 合唱活動を自粛してから半年近くが経ちました。その間、皆さまはどのようにお過ごしでしたでしょうか。コロナ禍の活動について運営委員の皆様と話し合いを重ねてまいりましたが、いよいよ一歩踏み出すことにしましたのでお知らせします。
 9月13日(日)午後6時半から総合福祉センター2階の会議室全室を使って活動再開します。当日は今まで通りに皆様が会場にその足でお集まりいただき、これからの合唱団としての活動の方針を共有理解してもらう時間を持ちます。 その後、マスクを着用しての歌の練習をしてみます。何もかも初めての試みになりますが、自愛・自制・自重を心がけて、取り組んでまいりましょう。 このあと、日程、活動方針(ガイドライン)、練習にあたっての注意点、音楽祭参加のこと等第2便・第3便でお送りしますので、あわせて目を通してください。

第2便 コロナ下における活動方針他(9月9日)
 昨日活動再開のお知らせを流しましたが、第2便は活動にあたっての団としての方針をお送りします。13日にこの内容を確認してもらい話し合い中で詰めていきますので、皆様もこのガイドラインに従って合唱練習に参加すると説明できるようにしておいてください。

 調布市民合唱団は、歌うことで心身の健康と心のきずなを深めていくために、新型コロナウィルス感染症から身を守りながら、以下の方針に基づいて活動していきます。
1. 日本政府、東京都、調布市等の定めた新型コロナウィルス感染症拡大防止に伴う指針ならびに貸出し施設の定めた条件を遵守して活動を行います。
2. 練習参加にあたって ・各自日々の体調管理に努める。 発症する目安とされる2週間以内に三密状況にあたる行動があった時は自主的に参加を見合わせることも必要な勇気です。 参加当日発熱や倦怠感等体調の異常を感じた時には参加を見合わせてください。
3. 練習会場 ・団員が収容できる規模の会場を確保するように努め、小規模の会場になってしまう場合は少人数編成での練習にします。
 ・会場に入る前に消毒と検温を行います。
 ・会場内では人との距離を適正に保ち、マスクを着用します。フェイスシールドやその他のマスクに変わる用具についても活用を配慮します。
 ・会場内の換気をこまめに行い、長時間に及ぶ発声・大声での会話を避けます。
 ・飲食の共有はせず、飲料水も各自専用として管理してください。
 ・練習開始前や休憩中はマスクを着用して極力会話を控えるなど飛沫の抑制に努めます。
 ・練習後は使用した備品を消毒し、密にならないように迅速な片づけを行います。
 ・会場を出た後、場所を変えての懇親会等の集まりはしないようにしましょう。
4. 参加者の把握と記録 ・毎回出席者の把握をして、記録した上で、2週間保存しておきます。何事も起きなかった場合はそのまま破棄します。
5. PCR検査で陽性反応が出た場合の対応 ・団員が感染したかもしれないあるいは濃厚接触者と認定を受けてしまいPCR検査を受ける状況になった場合は陽性陰性に関わらず、2 週間以内に合唱練習に参加していた場合は、団長・副団長またはパート委員に速やかに報告してください。
 責任者:調布市民合唱団団長 生田周治
 なお、今後の練習日程は 9月20日(日)18:30たづくりむらさきホール 9月27日(日)18:30総合福祉センター2階会議室 です。

第3便 「どんな時でも」の楽譜を配布します(9月12日)
 いよいよ明日13日皆様と顔を合わせることができますね。社会的には緩和の動きが急速に進んでいて、ともすると新型コロナ感染症に対する危機感が薄れてきているようですが、いまだ特効薬がない以上、感染しない・させないを自らに言い聞かせて活動をしてまいりましょう。
 明日参加される方も参加されない方もこれからの新しい日常を考えながら生活していきましょう。 明日の活動に向けての注意点をお伝えします。 体調がいつもとちがってけだるさを感じている場合は無理を押して参加することをもう一度見直してみてください。休むことも大切な決断です。 出かけるときはマスクをご持参ください。もちろん着用していることと思いますが、会場では歌う歌わないにかかわらずマスクを着用してください。マスクが苦手な人はフェイスシールドを付けるようにしてください。 人と分け合うための飴やお菓子は持ってこないようにしてください。もちろん自分用ならいいですよ。飲料水もペット飲料またはマイボトルでお願いします。 持参するものは楽譜と筆記用具です。楽譜は全部は使いませんが3月段階で練習していた楽譜を一通りお持ちください。重たくなってごめんなさい。また筆記用具は鉛筆シャープペンシルボールペン等自分専用として使用するためにご持参ください。 当日は皆様に参加者調査票をお配りしますのでそれに記入して帰るときにパート委員・団長・副団長に渡してください。
 当日の配布物 楽譜「どんな時でも」、活動方針、参加者調査票 11月7日の音楽祭には参加することになりました。佐藤先生の指揮・清水先生のピアノ伴奏で「どんな時でも」「ありがとう」を演奏します。音楽祭の詳細はまだわかっていませんが、情報が入り次第お知らせします。 9月中は団費は徴収しません。10月からについては運営委員会で決定していきたいと思います。
 では、よろしくお願いします。

第3便追記 「どんな時でも」楽譜配布 訂正とお願い(9月12日)
 今朝ほどお送りした一斉メールの中身で 明日「どんな時でも」の楽譜を配布しますとお伝えしましたが、ホームページからダウンロードできますので、印刷できる方はダウンロードした楽譜を印刷してご持参ください。印刷できない方は当日お配りします。訂正とお願いです。
 また、参加されない方もホームページを活用していただき一緒に「どんな時でも」を口ずさんでいただけると嬉しいです。
             調布市民合唱団団長 生田周治
   
佐藤先生に「どんな時でも」合唱版を作成頂きましたので、更新しました。[8月11日]
   佐藤先生からお送り頂いた「どんな時でも」の合唱版を武川様に清書して頂きましたので、楽譜と音取りMidiファイルを更新しました。 佐藤先生から下記のコメントもいただきました。
先生からのコメント
「皆さんが一緒に歌える日が早く来ますように。 佐藤 宏」


○アクセス方法:
下記のメニューからパスワードを入力することにより、
アクセスできます。
(掲示板と同じパスワードです)
   
お役立ちサイト」の「参考演奏」に「六つの子守歌」(演奏:東京大学混声合唱団コール・ユリゼン)を掲載しました。[4月13日]
   工藤弘子さんのご提案によるものです。若々しい声を聴かせてくれます。
一緒に歌ってみては如何でしょうか。
団の皆様に紹介したいサイトがあればこちらにお知らせください。
   
生田団長がゲスト出演され、当団を紹介された調布FM放送の録音です。[3月29日]
   放送日時:3月29日11:50〜11:59
(再放送:4月1日(水)10:00〜10:09)
録音を聴く
   
「アリラン」の翻訳を掲載しました[11月17日]
 

  「アリラン」の主要部分の発音と訳を掲載しました。
これは下記のサイトから引用したものです。
https://www.shichifukujin.site/entry/Arirang

   
茉莉花(ジャスミンの花)の翻訳を掲載しました[11月4日]
 

  8月1日、趙 順実(チョウ ジュンジツ)さんによる練習時に配布した
茉莉花の翻訳を掲載しました。

   
「茉莉花」と「アリラン」の発音練習の録音(一部)です。
 

 8月1日(木)15:00〜16:30、中国の趙 順実(チョウ ジュンジツ)さんを迎えての発音練習時の録音(一部)です。「アリラン」は最初に趙さんに歌っていただいています。

「茉莉花」(55秒:趙さんによるソプラノパート歌詞朗読部分のみ) 
「茉莉花」スローバージョン
「アリラン」(2分18秒)

練習風景